アフィリエイトで稼ぐなら在宅ライターで下積みする考え方もある

スポンサーリンク

アフィリエイトで月5千円以上稼いでいる人は10人に1人だという。だからアフィリエイトは稼げない、止めておけ、という人がほとんどなんだ。10人中一人がアフィリエイトは稼げると言っても、9人が否定したら信用できなくもなるだろう。

スポンサーリンク

1ヶ月で〇〇万稼ぐ方法とか、そういった情報商材をよく売ってるケースもある。けど絶対買うべきじゃない。そもそも、そんな稼ぎ方があれば今頃日本中アフィリエイターだらけになるだろうし。稼ぐ方法を知りたい初心者さんに付け込んでいる場合が多い。

じゃあアフィリエイトって稼げないの?と言われたら、それはNoだと思う。実際私も10年くらいサイトは色々運営したけど、当時はアフィなんて稼げないと考えてた。でも今はやれば稼げる、と断言してもいいと思う。何故か?ライターで文章を書くコツとか、どんなジャンルにニーズがあるのか大体把握できるようになったからかもしれない。経験談にはなるけど、大体アフィリエイトで売れてるサイトって言うのは法則性がある。

話は変わるけど、flappe単体でも小遣い程度の収入は毎月発生してる。平均すると大体2~3万くらいだろうか。ピーク時は5万くらいで、オープン当初は千円以下だった。けど、たかだが70記事、それもオープン数ヶ月で5万突破、月数回更新のブログ単体で十分稼げるんだなぁと驚いた。

実は特にSEOがどうとか一切テコ入れしてない。単に記事書いてWordpressのプラグイン入れたくらい。んじゃ何で月数万稼げるの?答えはジャンルを相当絞って、フリーライターっていう自分の経験を交えているから、だと思う。こういう情報欲しいな、悩んでいる人他に居るんじゃないかな、と感じた内容を気まぐれに記事で書いてる。最初は正直ニーズがあるとは思ってなかった。でも意外とニーズはあった。

閑話休題。なんの経験も無くアフィリエイトを始める人は数え切れないほど居る。でも大体2~3ヶ月でやめちゃうと思う。報酬が発生しないし、そもそも文章が悪いのか何が悪いのか分からなくなることも多いから。

いきなりアフィリエイトを始めるのはリスクもある。特に会社辞めて無収入からアフィリエイトをやる人は絶対生活が息詰まる。しばらく在宅ライターをやるメリットは大きい。まずある程度の収入になる(たかが知れてるけど…)。次に文章構成、書くスピード、ネタ探しの方法、読まれるコツなどのスキルが身につく。これが一番大きいんじゃないかな。誰かのために文章を書くというのに抵抗あるかもしれないけど、アフィリエイトやるならこれが後々活きてくる。ライターやりつつ、アフィリエイトやるのもいいんじゃないかな。

もちろん必須じゃないし、ライターの仕事でアフィどころじゃなくなるリスクもある。ただ、間違いなく言えるのは「経験は最大の武器になる」こと。むしろライターで少なくとも収入を得つつ、技術を養えると思えばお得じゃないだろうか。

アフィリエイトは未経験でも文章が下手でも稼げる、と言うブログやサイトは少なくない。でも私はそうじゃないと思う。記事を読ませなきゃリンクに誘導もできないし、魅力だって伝わらない。何故その記事からアフィリエイトに誘導できるのか一度考えてみてほしい。商品の魅力を記事で知ったからじゃないだろうか。未経験でそんな記事を書ける人は、相当文才がある人に限られるだろう。

別にサイトの運営経験は無くてもさほど問題ない。Wordpressだって使い方を覚えたら誰でも出来る。でも文章はどうだろう?キーボードが打てても、要約、見出し、キャッチコピー、字数に段落、ポイント、伝えたいこと、未経験で書けるだろうか。他人の文章を見て真似る方法もあるけど、何故その記事が人気か、読まれているのかはわからないと思う。読まれる記事は起承転結もあり、構成、見出し、リズムなど、細部に至るまで、完璧に出来上がっている。全てのロジックが幾何学的に、複雑に絡み合っていると言ってもいい。

たとえそれを真似たとしても、偽ブランド品みたいなまがい物しか生まれないんじゃないだろうか。本当に自分が書きたいことを書くことはできなくなると思う。

スポンサーリンク