田舎への移住が必ずしもいいとは限らない

スポンサーリンク

都会の喧騒に疲れきっちゃってる人も多いと思う。「田舎に住みたい」って思う人も当然多いわけで、実際に移り住んでくる30代や40代の人は少なくない。老後は第二の人生を田舎で謳歌したいって人もいるし、定年退職を迎えて田舎暮らしを堪能している人も居るわけです。

スポンサーリンク

現に国も高齢者の田舎への移住を推進するとかなんとか、そんな話を聞いたことがある人もいると思う。現に地方は人口減少で苦慮してる訳だから、人口が増えてるし良いお話でしょ、とそんな訳だ。

正直に言うと、何を馬鹿げたこと言ってんだと国に対して文句を言ったっていい。確かに地方(田舎)は人口も減少してる。でも本当に欲しいのは若い人の働く力なわけで。ちゃんと働いて住民税を納めてもらった方が良いに決まっている。

人口減少は税収減少にも繋がる。その一方で医療費などの社会保障費は増大する。当然だけど、それで苦しんでいるのは地方です。人が移り住むのは自由だけど、それを国がどうこう言うもんじゃない。本当に失礼ながら、結局地方に「お荷物」を押し付けておこうと、そんな思惑が見え隠れしてる。

仮に高齢者の地方への移住を国が促進したらどうだろう。人口は増える。でも税収は増えない。補助金でごかまされるだろうけど、社会保障費の負担がを増えるだけにしかならない。若い人なら大歓迎だと思うけど、実際はそう美味い話でもない。

それに地方へ移住したって都会と違った悩ましい問題がある。まず最初にぶつかるのが利便性の問題。私は学生時代小田急線と相鉄沿線に住んだことがあるけど、そりゃ電車の本数とバスの多さに驚いた。一本逃したって次がすぐに来る。当然逃してイライラする人も居るわけだけど、私は特にそう思わなかった。

しかし、地元(香川)に戻ってきたらそうもいかない。まず私鉄は15分か20分に1本、かつ利用できる地域は限られる。おまけにJRもロクな本数はないし、ついでに料金も高い。初乗りで190円とか200円なんて、首都圏から移住したらまず驚くと思う。バスも1日数本あればマシだし、そもそもバス路線自体ほとんどない。高松はまだ恵まれてるほうだと思う。地方のバス路線は補助金なしじゃ9割は廃線になってもおかしくないと、そんな話を聞いたこともある。

つまり、車なりバイクなり、何らかの足を確保する必要がある、ということになる。当然免許を持っていなきゃ意味が無いし、香川の場合運転も荒いから事故に遭う危険も高まる。高松の中心部なら自転車でも充分過ごせるけど、少し離れたら車は必須になってくる…とは言いつつ私はバイクオンリーです。

また、車の維持費もバカにならない。会社からガソリン代など交通費の補助は出ても、保険代や車検代を加味すれば負担増になる。その分も考慮しておかないと、移住してから苦労するかもしれない。もちろん希望の仕事があるかどうかは別。

また終電も当然早い。会社帰りにいっぱい引っ掛けて帰っても、日付が変わってから電車に乗るという選択肢はほぼ無くなる。香川の場合は車通勤が多いから、帰りは代行を頼まないといけない。飲酒運転が厳罰化されてから、実は中心部以外の居酒屋の数はめっきりと減った。

それともう一つ、個人的にネックになると思うのが買い物。当然地方によりけりだけど、買い物にすら困ることもあるんじゃないかな。横浜なら欲しいインディーズのCDがあっても、タワレコとかに行けば大体買えた。けど、地方の場合そうもいかない。Amazon使えば一発解決ですけどね…。生活必需品は充分買い揃えられても、少しマニアックなものを買うのは通販が必須。大阪や神戸に出て買い物する人も多いのはそんな理由があるからです。

じゃあ地方には何のメリットも無いかというと、当然色々メリットもある。まず家賃が安い。高松の場合は中心部でワンルームマンションが2万円なんてこともあれば、近郊で3LDK駐車場込み5万のマンションもある。おまけにスーパー徒歩5分など。なので、普通に生活する分には困らないのがメリットだと思う。車は必要だけどね。

それに自然が近くにあるので(住む場所による)、色々レジャーや趣味を楽しめる。例えば私の場合、仕事で煮詰まったらバイクで5分、瀬戸内海と半島を走るツーリングコースなんかも目と鼻の先だったりする。週末はドライブしてもいいし、ハイキングで森林公園を散策したっていい。香川は狭いから、大体1時間でいろいろなところに行ける。ネットが必須の現代社会と言っても、当然光もモバイルも使えるわけだから、仕事スタイルによっては都会より楽しい暮らしが出来ると思う。

地方がいいか都会がいいか。人によって意見は分かれると思う。私個人的な意見としては、生活できるなら都会の方がいい。やはり自然に飽きてきたというのもあるし、人が多いことは何よりも魅力。在宅の仕事やアフィリエイトで充分食って行ける!とかなら地方という選択肢も良いとは思う。

スポンサーリンク